ナイン・マイルは遠すぎる

THE NINE MILE WALK

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

僕もあなたも願ってる 

2年間の任期を終え、中日の高木監督が退任されました。
いちファンとしてその戦いぶりを見ていて、納得の行かない部分も多々ありました。しかしまずは「お疲れ様でした」と言いたいところです。
前任の落合監督が退任後、二連覇しているチームを引き継ぐなんて、誰だって嫌だろうと思います。そうした中で火中の栗を拾ってくれた高木監督にはファンも球団も感謝しなくてはいけないでしょう。

高木監督がうまくいかなかった(ここではあえてそう断言します)理由の一つに、「不明確な方針」があったと推測します。

落合前監督がオーナーから「勝てるチームにしてくれ」と言われ、それに応えて「俺の仕事は中日を優勝させること」と取り組んだことは、既に氏の著書や諸報道で明らかになっている通りです。
チームに関する一切のことを、最終的なチームの勝利のために合理化する。その手法は軋轢も生みましたが、成功へつながりました。
しかし、この成功には「最終的な目標が勝利であるという契約」がバックグラウンドがあったことを忘れてはなりません。最終的な勝利(一般的には優勝や日本一でしょう)が目標として示されていたからこそ、落合前監督はそのためだけにチームを動かせたのだと思います。

一方、高木監督はどうだったのでしょうか。
これは私の推測にすぎないのですが、落合監督の時と同じく最終的な勝利のみを目標とする方針ではなかったのだろうと考えます。
球団としての目標が優勝ならば、落合監督はそれを達成しているのですから、解任する理由がありません。わざわざ監督を交代したということは、球団としての目標が変わったのでしょう。
現に高木監督は、オーナー報告へ訪れた際に「ファンのみなさんに愛されるチームが目標」と語っています(※)。
しかしこの愛されるという目標はとても難しかったのではないでしょうか。前監督の「チームの勝利が最大のファンサービス」の勝利至上主義を否定してしまった以上、球団としてはそれ以外の解を探さなくてはいけません。
勝たないとファンは納得しない。でも勝つだけでは球団は納得しない。
不明確な方針に、最後まで高木監督は苦しめられたのではないかと思います。

2004年に落合監督が就任してからずっと、中日ドラゴンズのチームスローガンは「ROAD TO VICTORY」でした。
そして2012年・2013年の高木監督時代、中日ドラゴンズのチームスローガンは「Join us ~ファンと共に~」でした。
最終的な勝利を目標とする落合ドラゴンズと、それとは別の道を探そうとした高木ドラゴンズの姿が、ここには如実に現れているように思います。

今日、谷繁プレイングマネージャーという驚きの監督人事が明らかになりました。
来季谷繁監督がどのような戦いをするのかは予想すらできませんが、チームとして方針を定め、明確な目標を伝えることが新監督への最大のバックアップだと考えます。

いちファンとしての勝手な意見だと、目標は優勝・日本一だけでいいと思うんですよねー。
「燃えドラ」でも歌ってるじゃないですか。
「♪僕もあなたも願ってる 祈る気持ちで待っている それは一言優勝だ」…って。

※…http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp1-20121103-1041633.html
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

Number史観と勝又史観 

勝又清和『最新戦法の話』を読みました。
野球のシーズンが終わってからは特に将棋の本を読むことが増えたのですが、その中でも特に楽しめました。
筆者が「将棋世界」誌に連載している記事が大変面白いのでこれも期待していたのですが、それを裏切らない完成度。同連載のファンの方なら必見でしょう。

勝又は「鑑賞の手引き」と言っていますが、この本近代よく指されるようになった戦法の思想を紹介するものです。「こういういいことがあるからみんな指してて、こういうことをしたいんだよ」ということを教えてくれるわけですね。
棋は対話なり、という言葉がありますが、将棋の指し手はひとつひとつに思想があり、ドラマがある。それを著者は翻訳してくれています。

ただ翻訳されていてもそこは将棋の本、予備知識がある程度――私でも楽しめたのでほんとに少しばかりでいいのでしょうが――あったほうが楽しめます。
木村定跡に代表される角換わり相腰掛銀定跡では先手に7筋の歩を突き捨ててから右辺で得た歩を桂頭に打ち込む筋があるが、後手一手損角換わりでは飛車先の歩を8四で止めているため、8五桂と跳ねられる……といった話を聞いて「なるほど」まで行かずとも「ほー」ぐらいの感じならば楽しめるのでは。

そして本書の最大の魅力は、定跡の解説にとどまらずその裏にあるドラマにまで触れていること。
将棋の指し手を通して人間ドラマを語る本としては『対局日誌』という大著がありますが、それと本書とは趣が異なります。
『対局日誌』は指し手を通してその棋士の人生観、人間のあり方のようなものを語ろうとする……私はこれを密かにNumber史観と呼んでいるのですが、そんなところがあります。その棋士の棋譜を見て、その棋士の将来を占うような見方です。
一方、『最新戦法の話』におけるドラマの主役は「人間」でなく「棋士」なのです。指し手を通して人間のあり方を見るのでなく、棋士としてのあり方を見る。人生観を見るのでなく、将棋に対する考え方を見る。棋譜を見て、その戦法や将棋の将来を占う。この見方が、本書を名著たらしめていると思うのです。

この本の中で、勝又の文章は新手、新戦法への好奇心に溢れています。そしてそれを生み出す棋士と彼らの挑戦に対するリスペクトに溢れています。この本の中に棋士や指し手に対する批判的なコメントは一切出てきません。
そして勝又も一人のプロ棋士、将棋に対する理解という点では申し分ありません。
だからこそ、彼の取材に対してプロ棋士達も思い切り語ってくれるのでしょう。この本で紹介されている戦法には、すべてその創始者や開拓者への取材が添えられています。

プレーから人間性を語ろうとする飛躍をせず、プレーからそのゲームに対する考え方を読み解く。
プレーとそれを行うプレーヤーを最大限にリスペクトし、理解する。
そして入念な取材と豊富な資料を元に、ファンに分かる言葉へと翻訳する。

この「勝又史観」は、将棋のみならずあらゆるプロプレーヤーのフィールドを紹介する上で模範となる姿勢なのではないでしょうか。


(※Numberが悪いと言ってるんじゃないですヨ。)
trackback: -- | comment: -- | edit

四つの証明 

【問題編】
突然ですが問題編です。
ある日の夕方、授業中のこと。私は他の授業で出された課題に取り組んでいました。いわゆる内職というやつなのですが、その是非はここでは問わないものとします。
授業直後ということもあってその証明問題はすらすらと進み、新しい筆記用具の書き心地の素晴らしさも相まって証明は華麗に出来上がりました。
毎回この手の課題は1回他の用紙に下書きしたあと提出用のレポート用紙に清書しているのですが、手元にはレポート用紙がなかったため清書は帰ってからすることにしました。
下校は2本の電車を乗り継ぎ、駅の近くの本屋でちょっと立ち読みをしてから雪道を歩いて帰りました。
「帰ってからするつもり」の常で、帰り着いてもすぐに清書するわけではなく、机の上に証明のスケッチを書いた裏紙を放り出すと、まずはお腹も空いていたのでうどんを温めます。
それをニコニコ動画など見ながら啜り(お行儀が悪いですがその是非はここでは略)、食後のデザートにヨーグルトなぞ食べてネットサーフィンをしばらく楽しんだのち、ようやくレポート用紙を取り出しました。
そして清書をしようとしたその時!とんでもないことに気づきました。なんと、証明がないのです。裏紙に書いたと言いましたが、表は確かにそのままです。しかし裏に何も書かれていない。
いつかどこかですり替わったのでしょうか?それとも課題を片付けたことが夢だったのでしょうか?私の証明はどこへ行ってしまったのでしょうか?フェルマーもこれぐらい気の利いた言い訳をしておくべきだったのではないでしょうか?
やがて私はこの事件の真相に気づきました。そして、ここに読者の皆様へ挑戦をするものであります。
私の書いた証明はいつ、どのようにして消え、今はどこにあるのでしょうか?

解答編は下の方に。


































【解答編】
「消せるボールペン」で書かれた証明は、上にうどんの容器を置かれてその熱で消えた。

最近はやりの消せるボールペン。ボールペンの書き心地のよさで消すこともでき、しかも消しても紙が汚れず消しカスも出ないということで大変重宝しています。普段使いにもオススメです。
このインク、なぜ消えるかというと、ゴムでこすったときの摩擦熱で消えてるんです。このこと自体は知っていたのですが、いやぁ、さっきまで書かれていたはずのメモが消えていたときには驚きました。

ちなみにこの話は一部創作で、実際に消えたのは他の人からもらったメモです。なので事実は小説よりタチが悪い。自分で書いたメモなら思い出すこともできただろうに、それもできません。
ちなみに実際は全部消えてしまったわけでなく、綺麗に食器の形、円形に消えました。さながらミステリーサークルのような光景に、すぐ真相に気づいたわけです。

消せるボールペンの仕組みがわからないと解けないので悪問ですね。
仕組みさえ分かっていれば割と簡単な問題だったと思うのですが、いかがでしたでしょうか?
trackback: -- | comment: -- | edit

諏訪へ行ってきます。 

お久しぶりです。
久しく更新していなかったので知らない間にこっそりブログトップに広告記事を出されていました。流行りのステルスマーケティングというやつでしょうか。

さて、明日からの3連休で諏訪へ旅行に行ってきます。普通こういうのは帰ってきてからブログの記事にするもののような気もするのですが、まあ、書こうと思った時が更新のタイミングだと言いますし(今思いついた名言)。
新宿から高速バスで一本、3時間ほどでもう諏訪ですわ。新宿で適当に腹ごしらえをして、土曜発売のジャンプでも読みながらのんびり行ってまいります。サービスエリアで変な炭酸を買うのを忘れないようにしないと。

話が突然変わりますが・・・以前友人達と箱根に行った時、私ともう一人の友人は小田急線で行ったのでこの時も新宿発でした。
この時友人が頭痛を訴え、ちょうど私が持っていた頭痛薬を渡したのですが、彼は何か「胃に入れてから飲む」と妙な几帳面振りを発揮。そして入ったのが新宿駅構内の箱根蕎麦の店。
えぇぇ~これから箱根行くんだよ!?と思ったのですがそこは病人の手前、強くは言えず。頭痛薬を常に持ち歩いているような偏頭痛持ちなので、頭痛の人には特に優しいのです。
そういうわけでなぜか一足お先に箱根を堪能。彼はなぜかかき揚げ蕎麦を頼み、蕎麦だけ食べてました。なんで?と思ったのですがそこは病人の手前(略)

これが妙に印象に残り、以降新宿から旅立つ時はよく駅構内で蕎麦を食べています。
私は麺類が好きで蕎麦もうどんもラーメンもスパゲティも大好きなのですが、一人で・外で食べる時は蕎麦が多いですね。安いうどんはまずいですが蕎麦は安くてもそれなりに楽しめる(?)のが良い。

ここまで書いて気がついたのですが、そういえば信州も蕎麦が名物でしたね。
これは新宿駅で信州蕎麦を探して一足お先に食べるしかないようです

皆様も良い連休をお過ごしくださいませ。ではでは。
trackback: -- | comment: -- | edit

博麗神社例大祭に行きました。 

同人イベントに参加したよ、という話です。いわゆるレポというやつですね。


日が変わってすぐに布団に入ったのに、4時頃まで眠れませんでした。遠足前夜特有のアレですね。半年前も発症しました。
5:30にアラームをセットしていたのですが鳴らず。聞こえなかったのですが、ほんとに鳴らなかったのです。設定ミスです。起きたのは6:30でした。これでも6:30に起きるあたり持ってますね。ホントに起きようと思うとちゃんと間に合う時間に起きられるのだという持論(精神論)がまた補強されてしまった。
ビッグサイトに行くのは2回目です。ずーっと前に父に連れられてモーターショーに行ったことがあります。新木場ってディズニーランド専用駅だと思ってました(失礼)。
確か新木場から駅ふたつで舞浜ですよね。駅ひとつで葛西臨海公園。あそこの観覧車は夏行くと一周でバッチリ熱中症になれるのでお勧めです。


ビッグサイト入り口そばのファミマで待ち合わせ。
20分遅刻するという報告を受けていた(実際には30分遅刻された)ので、ファミマでエネジードリンクを買うことに。レジへ向かう長蛇の列に並びながら「1時間寝坊したせいであまり朝食食べてないし、昼ごはんを買っておこうかな」と思ったのですが、時すでに遅し。私がその時立っていた位置からレジまでの間にはシェービングクリームしかありませんでした。あとヘアワックスやジェル、制汗剤なんかもあったかな。
チキンなんかは残ってましたが、肉まんあんまんの類は売り切れてましたね。まさかコスプレする人が胸に詰めるために買ったのか
まあ、点心って朝ごはんにも食べるらしいですからね。中国の人が朝から餃子を食べるのにはびっくりしたものでしたが、それはまた別のお話・・・。










そんなこんなで、楽しい例大祭でした!(飽きた)
スペースへいらして下さった皆様、どうもありがとうございました。そして運営スタッフの方々にもこの場を借りて感謝の言葉を。
感想もらえると喜びます。それじゃ、まったねー!
trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。